ヒュウガトウキ

MENU

ヒュウガトウキ茶(日本山人参茶)ってどれがいい?

ヒュウガトウキ茶(日本山人参茶)はどれを買うべきか?【比較】

ヒュウガトウキ茶ってどれを買うべきなのか・・・と悩んでいませんか?

 

当サイトおすすめのヒュウガトウキ茶はコレ!

 

アイシー製薬のヒュウガトウキの茶

 

ご存知のように、ヒュウガトウキは、臨床試験によりさまざまな健康効果が確認されている薬草です。

 

よく知られているヒュウガトウキの効能や効果としては、以下のようなものが挙げられます。

 

糖尿病の改善、高血圧の改善、抗がん作用、肝障害改善、アレルギー改善、免疫力増強、性機能改善、血行促進

以下の書籍を読むと、他にもさまざまな効果効能が紹介されています。

ヒュウガトウキ茶(日本山人参茶)はどれを買うべきか?【比較】

 

このように様々な薬効に優れた植物ですから、「神の草」とも呼ばれ、いくつかのメーカーからヒュウガトウキを原料としたお茶やサプリメントが販売されています。

 

しかし、いくつも似たような製品があり、値段はピンキリ。

 

どういう基準でヒュウガトウキ茶を選べば良いのか分からないという人もおられるのではないでしょうか。

 

そこで、当サイトでは、ウェブ検索で上位に表示される有名なヒュウガトウキ茶をピックアップし、どれが本当に良いのか比較検討してみました。

ヒュウガトウキ茶の比較表

ヒュウガトウキ茶(日本山人参茶)はどれを買うべきか?【比較】

おすすめは、アイシー製薬の「ヒュウガトウキのお茶」!

ヒュウガトウキ茶(日本山人参茶)はどれを買うべきか?【比較】

あなたは、ヒュウガトウキ茶の比較表を見られて、
どの製品を購入したいと思いましたか?

 

価格が安いのが一番、という人もいると思います。
また、販売サイトの情報量が多い製品を選んだ人もいるでしょう。

 

結論から言うと、そんな中で、私が選んだのは、アイシー製薬の「ヒュウガトウキのお茶」。

 

どうやって選んだのかというと、どれが効果が高そうなのを選びました。

 

効果が出るかどうはで重要なのが、「成分」です。

 

そこで「成分表」を見つけることができなかった製品は、候補から外すことにしました。

 

残ったのが「わらしべ」と「メイゲン」、「アイシー製薬」。

 

成分表を見る限りこの3社の製品なら信用ができそうです。

 

次に、重視したのが「熟成期間」です。

 

熟成期間を設けることで、植物や肉などは栄養価が増します。

 

そして、意外に重要なのが、「味」だと思っています。

 

なぜなら、ここが重要な点なのですが、どこの製品なのかは言いませんが、ヒュウガトウキ茶は「苦くて飲めない」という人も中にはいるようだからです。

 

安くても、苦くて途中から飲まなくなるような味では意味がありませんよね。

 

その点から行くと、熟成期間を3年も設け、農林水産大臣賞を15回も受賞したことがある茶匠が手作業で釜炒りしたという「わらしべ」の製品に軍配が挙がりそうです。

 

名だたる茶匠の手作りのお茶が、他のお茶よりも飲みにくいとは考えにくいですからね。

 

実際に、わらしべの「日向当帰茶」を飲んでみましたが、このような薬草茶にしては非常に飲みやすく、一日何杯でもゴクゴク飲むことができています。

 

しかし

 

わらしべの日向当帰茶は、値段が高い。高すぎます。

 

そう、大切なのは費用です。

 

お茶というのは1年中飲むもの。
効果を実感するには毎日続けて飲んでこそです。

 

と考えると、やはりオススメは、アイシー製薬の「ヒュウガトウキのお茶」ということになります。

 

ということで、わたしは毎日アイシー製薬のヒュウガトウキのお茶です。
ヒュウガトウキ茶(日本山人参茶)はどれを買うべきか?【比較】

毎日続けるならアイシー製薬のヒュウガトウキのお茶がおすすめ!

もし、コストパフォマンスでヒュウガトウキ茶を選びたいという場合は、どれが良いでしょうか?

 

わたしのオススメは、アイシー製薬の「ヒュウガトウキのお茶」です。

 

なぜなら販売ページに「成分表」が掲載されているからです。

 

安い製品の中には、成分表がなかったり、見つかりにくいものが少なくありません。
健康食品ですから、成分表がないという製品は、論外のような気がしますが、いかがでしょうか?

 

→アイシー製薬「ヒュウガトウキのお茶」公式サイト